当財団牧野篤代表理事×山崎亮顧問×吉田博彦顧問による鼎談会のご案内

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: お知らせセミナー、フォーラム

当財団の牧野篤代表理事x財団顧問の山崎亮氏(コミュニティ・デザイナー、STUDIO-L代表)x同顧問の吉田博彦氏(教育支援協会代表理事)による鼎談5回シリーズ「社会教育を再発明する」が開催されます。 聴講無料、オンラインでの開催となります。各回定員100名、先着順受付となっておりますので、お早めのお […]

あけましておめでとうございます

投稿日: カテゴリー: お知らせご挨拶

あけましておめでとうございます   当財団設立後3回目の新年を迎えることになりました。 これも、当財団の趣旨に賛同し、支えて下さった皆さんのおかげと、感謝しております。ありがとうございます。   財団の設立は2020年10月、コロナ禍の渦中でした。そして、昨年は新年を言祝いだのも束の間、ロシアによる […]

【講演の配信!】『過去の成功を手放し 更なる飛躍を生む「アンラーン戦略」』(中竹竜二氏×牧野篤氏)

投稿日: カテゴリー: お知らせセミナー、フォーラム

第16回人生100年社会デザインフォーラムを配信します! 元早稲田大学ラグビー蹴球部監督の中竹竜二氏にアンラーンの概念や実践についてお話しいただきます。 詳細: 【登壇者】中竹竜二氏(株式会社チームボックス代表取締役、日本オリンピック委員会サービスマネージャー)※後半対談:中竹竜二氏×牧野篤氏(人生 […]

トークシリーズ:「注目のソーシャルイノベーターたち」vol.2 株式会社センシング

投稿日: カテゴリー: インタビューお知らせ

人生100年社会デザイン財団運営委員長 井上昌之 このシリーズでは、当財団に参加しているソーシャルイノベーターたちをインタビュー形式で紹介します。第2回は株式会社センシングです。折しも2022年秋、同社の画像認識システムがシリコンバレー発の世界的にも有名なスタートアップコンテスト「Plug and […]

工業化という社会の変化、食生活の変化について

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: お知らせコラム

※この記事は、第13回人生100年社会デザインフォーラム(ゲスト 三國清三シェフ(オテル・ドゥ・ミクニ)、財団代表理事 牧野篤氏との対談)から抜粋したものです。 牧野先生 戦前の日本ってどちらかというと、3世代で一緒に住んでいたりと、3世代同居が多くて、戦後それがなくなり、どんどんみんなが田舎から都 […]

代表理事・牧野篤が北栄町ほくえい未来ラボにて外部講演をいたしました。

投稿日: カテゴリー: セミナー、フォーラム活動報告

2022年11月3日(木・祝)に、代表理事の牧野篤(東京大学教育学研究科教授)が鳥取県東伯郡北栄町の「ほくラボ講演会」にて講演いたしました。演題は、『これからの公民館と地域づくり』です。 当日の講演You Tubeはこちらをご覧ください:代表理事・牧野篤が北栄町ほくえい未来ラボにて外部講演をいたしま […]

トークシリーズ:「注目のソーシャルイノベーターたち」vol.1 REMEM株式会社

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: インタビューお知らせ

人生100年社会デザイン財団運営委員長 井上昌之 このシリーズでは、当財団に参加しているソーシャルイノベーターたちをインタビュー形式で紹介します。第1回はREMEM株式会社です。折しも同社の文書音声化プラットフォームVOXXを採用した「アクセシブルライブラリー」がデジタル庁の2022年度good d […]

代表理事・牧野篤が外部講演をいたします!

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: お知らせ

2022年11月3日(木・祝)に、代表理事の牧野篤(東京大学教育学研究科教授)が鳥取県東伯郡北栄町の「ほくラボ講演会」にて講演いたします。演題は、『これからの公民館と地域づくり』です。 詳しくはこちらをご覧ください:https://www.e-hokuei.net/10641.htm

ソーシャル・イノベーター養成講座【演習】を開催します!

投稿日: カテゴリー: お知らせ

2022年9月16~18日の3日間でソーシャル・イノベーター養成講座【演習】を開催いたします。 当財団では2021年12月より、概論と特論講座を開催してまいりましたが、その集大成として演習をを開催いたします。演習では、実際に地域の問題解決を異業種で考え、一緒に農業、肉体労働をすることで地域とともに生 […]

プロセス重視の地域づくり

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: コラム

※この記事は、第12回人生100年社会デザインフォーラム(ゲスト 小田切徳美氏(明治大学)、財団代表理事 牧野篤氏との対談)から抜粋したものです。 牧野先生 新しい暮らしのモノサシとして、暮らしの仕組み、金・モノの循環、仕事をつくっていくことが大事で、集落が消えてしまう大きな原因として「誇りの過疎」 […]