人生100年社会に土木インフラをつなぐ

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、第4回人生100年社会デザインフォーラム(城西大学学長 藤野陽三氏(当財団理事)と岐阜大学名誉教授 六郷恵哲氏、財団代表理事 牧野篤氏との座談会)から抜粋したものです。 牧野氏)藤野先生は土木インフラというのはつながりであると仰っていましたが、私の専門分野である教育や、この財団でも重 […]

公共空間の役割について~物理的な居場所と「排除されない」関係づくり~

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、第3回人生100年社会デザインフォーラム(同志社大学教授 今里滋氏(当財団理事)と財団代表理事 牧野篤氏との対談)から抜粋したものです。 公民館のもともとの役割について 牧野氏)今里先生のお話しで、公民館は制約がたくさんあり使いにくいとおっしゃっていたのですが、確かにとても使いにくい […]

人生100年社会におけるソーシャル・イノベーションとソーシャル・イノベーター

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、第2回人生100年社会デザインフォーラム(新川達郎教授講演、テーマ:「ソーシャル・イノベーションによるこれからの社会の展望~社会組織の革新のために」)から抜粋したものです。  これからの人生100年社会の中でどういうソーシャル・イノベーションを考えていけば良いのか、そしてこれからのソ […]

「長く生きる」社会で「良く生きる」

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、2020年10月27日 財団設立記念フォーラム(神野直彦教授講演、テーマ:「経済学からみえる現在の社会と人生100年社会の展望」)から、人生100年社会デザインのキーポイントを抜粋したものです。  「人生100年社会」というのは、これから向かう社会で、長く生きる社会です。私たちがここ […]

人生100年時代と誰もが主役の社会 ~学びの社会とは 競争社会から協働社会へ~(2/2)

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、第2回人生100年社会デザインフォーラム(牧野篤教授講演、テーマ:「人生100年時代と 誰もが主役の社会―人生100年社会デザイン財団の考え方とソーシャル・イノベーションより―」)から抜粋したものです。 (前の記事からの続き)ただ、現在社会では農山村や、山間僻地等、様々なところで「空 […]

人生100年時代と誰もが主役の社会 ~学びの社会とは 競争社会から協働社会へ~(1/2)

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、第2回人生100年社会デザインフォーラム(牧野篤教授講演、テーマ:「人生100年時代と 誰もが主役の社会―人生100年社会デザイン財団の考え方とソーシャル・イノベーションより―」)から抜粋したものです。 社会の変わりにくさとイノベーションの起こりにくさー安定した構造へと収まりたがる社 […]

開放系の試行錯誤のプロセスそのものが学び -AAR循環について-

投稿日: カテゴリー: コラム

※ この記事は、2020年10月27日 財団設立記念フォーラム(牧野篤教授講演、テーマ:「「学び社会」の実現に向けて」)から、人生100年社会デザインのキーポイントを抜粋したものです。 「学ぶ」というのは、いわゆる学校で勉強したり、知識や文化を学んだりするということだけではなく、お互いに価値を交流し […]